SHOE・BAG探偵局 
 http://shoebag.jp


靴・バッグのコンサルティング会社

アジアリング(株)が運営しています。


 ホーム  コンサルティング  ECサポート  会員サービス  セミナー  水飼茂の「靴店繁盛塾」  アジアリングとは? 地図
 
 コンテンツ
お役立ちリンク集 (靴とバッグに関するリンク)
■靴・バッグのブランドリンク
■リンクの恩返し
■大きな靴、小さな靴のお店
■靴とバッグの学校
■靴・バッグ関連団体
■靴とバッグの博物館
 
靴のポケットブック (お手入れ、サイズの知識)
■靴の用語
■革の種類
■靴のサイズ換算表
■靴ひもの結び方
■靴のお手入れ
■水虫は治る
■足がくさ〜い
 
 靴&バッグのトリビア (靴とバッグの歴史や雑学)
■靴の歴史
■タイムスリップ
■靴のデザイナー
■ガラスの靴
■赤い靴
■魔法の靴
■厚底の変遷
■バッグの語源
■バッグの大先輩

ちょっと笑ってください (死語や笑えるネタコーナー)
■ファッション死語辞典
■笑える靴たち
■こんなバッグがあったら
 

購読無料のメールマガジン 「SHOE・BAG探偵新聞」
全国の店長さんを応援し、すぐに売場で活用できるようなマーケット情報をまとめたメルマガです。皆様からのご登録、お待ちしております。

 こちらからお申込み下さい↓

 


 
 書籍の販売



靴店スタッフハンドブック


困った時にすぐに役立つ!
靴店必携の一冊

 



無料 ホームページテンプレート
 

   



靴の手入れ

手入れの基本は靴への愛情です。大切にする心です。
「愛こそすべて♪」 なんちゃって



≪長持ちさせる為には≫
@新しく購入したら、クリームで手入れをしてから履きましょう。

A1日履いたら、2日間は休めましょう。
  汗と体重とで、靴がゆがみ、各部が痛みますが、休みの間に回復します。
  会社や学校で上履きに履き替える人は、ある程度大丈夫です。

B雨に濡れたら、陰乾しをし、充分乾いてから、手入れをして履きましょう。
  革靴が一番痛むのは雨です。
  革そのものは水に特別弱くはないのですが、
  水分をたくさん含んだ革は柔らかく、変形しやすくなります。
  縫い目や接合部からも、水分が靴内部に侵入します。
  靴は種類の違う革や革以外の素材も組み合わせて作られており、
  つまり素材の縮小率の違いでも、ゆがみやすくなります。
  結果的に靴を痛めてしまいます。
  濡れて乾いた後は、油分が抜けていますので、
  クリームで油分の補給をしましょう。

  

 
C定期的に手入れをしましょう。
 3回履いたら、その後で。
 しばらく履いていなかった靴は履く前に

Dブーツやサンダルなどオフシーズンのある靴はしまう時に。
  長期間しまう時はカビ止め効果のあるクリーナーで汚れを落とします。
  また、革用カビ防止剤を使用すると、より効果的です。
  クリームを塗ったほうが長期保管には最適です。
  ロングブーツも折るとシワが直らないので、ブーツ用キーパーか、紙などを用いて
  詰め物をしましょう。


  



Eカカトやリフトは減り過ぎないうちに、直しましょう。
  減りすぎると修理が大変になるだけでなく、
  接地角度が水平でなくなり、変形しやすく、靴全体が痛みます。

F大切にしたい靴は木製のシュートリーを入れておきましょう。
  靴の型くずれをかなり戻せますし、湿気も取ってくれます。
  スーツ用のハンガーと同じで、本来は革靴に必須のものです。

≪靴の保管は≫

@なるべく風通しの良い場所に保管します。
  ※玄関の靴箱や押し入れなどは通気性に難がありますが、しまうときは
  乾燥剤を使用しないで下さい。事故の事例が出来ているので靴箱や押し入れに
  保管する場合は、休みの日に戸を開けて換気を心がけましょう。

  *日本は欧米に比べ、湿気が多く高温で、カビの発生しやすい風土です。
   緯度で比べたら、パリやロンドンは北海道より北の樺太辺りですし、
   日本は地中海とほぼ同じ緯度にあります。
   そんな風土の違いからいえば、日本には靴より下駄や草履が適しています。
   スーツよりも、甚平やTシャツが適しています。しかし社会生活上はそうもいきません。
   日本では食べ物や衣類もそうですが、皮革製品の保管にカビ対策が必要です。



≪基本の手入れは≫
@ひもの付いた靴はひもをハズします。

Aコバの出ている靴はコバの汚れをブラシで掃い落します。

B底のゴミや汚れも使い古しのハブラシやヘラを使って落します。
  コバや底のブラシは「底」と大きく記入し、他には使わないようにします。


   
C他のブラシで表面の埃を落します。
  特に起毛素材のベロア、ヌバック、スエードなどは必須です。
  スーツにブラシをかけるのと同じですから、
  アッパー部分のブラッシングは帰宅時の習慣にしたいものです。
  ※起毛革はブラシの毛に色が移りますので、色専用にしましょう。





D柔らかい布にクリーナーを少し付けて、汚れを落していきます。
 ※クリーナーを靴に付ける前に、一度、外から見えにくいところで色落ちテストを
 することをお勧めします。クリーナーにも強弱があるので、靴との相性が悪い場合もあります。




E別の布に靴の色や革質に合ったクリームを付けて、靴表面の全体に薄く伸ばします。
  クリームの色は革と同じか、やや薄めです。
  靴の表面には直接付けないようにします。
  時間短縮で直接付ける場合も、ごく少しづつすばやく付け、すぐに伸ばします。





Fブラシで、革のシワや毛穴、縫い目に入ったクリームなども伸ばしながら、全体を磨きます。

G光沢重視の場合はEとFで、水を表面に数滴たらして磨きます。
  水でワックスが早く硬化し、光沢も早く出ます。
  軍隊では水のかわりにつばをペッとして、磨く習慣がありました。
 ※乳化製のクリームの場合は、水では効果を発揮しません。

H仕上げ用の別の布で、磨き、光沢を出します。
  この場合は古くなったストッキングも有効です。

  艶が出るのはこの過程です。
I革底の場合は底にミンクオイルを塗ります。
  滑りやすくなるので、注意が必要です。


≪濡れてしまった時は≫
  水分をふき取り、ティッシュをつめた綿のソックスを靴に入れて
   ある程度形を整えて、陰干しをします。
  使い古しのストッキングに入れて、吊るすと乾きやすくなります。
  簡単にする時は新聞紙をクシャクシャにして、靴のつま先からつめて陰乾ししますが、
   新聞のインクが色落ちする場合もありますから、淡い色の靴は気をつけましょう。



≪スエードやヌバック、ベロアなど起毛タイプの靴は≫

 
 


@ブラッシングをして、毛足の中のほこりを落とします。

A汚れがあれば、消しゴムでこすり落します。

B色が褪せた時は専用のスプレーで着色と保革をします。

C防水スプレーをかけます。購入後すぐに防水スプレーをしましょう。雨水だけでなく
  汚れ防止にもなります。
  *泥水で汚れた時は、スポンジに薄めた中性洗剤を付けて軽く押し洗いし、
   乾いた布でたたくようにふき取ります。
  *単に濡れた時は水分を拭き取り、陰干しして乾いてから手入れします。


≪アニリン染め、カーフの靴は≫
  革の風合いを生かした上質の素材です。
  樹脂加工をしていないので、シミになりやすいデリケートな皮革です。
  アニリン専用クリームを使います。靴に直接付けてはいけません。
  評価が高いのは「メルトニアンのデリケートクリーム」です。
  クリーナーは皮革の為に使いません。
  ※今は基本的に一般のクリームで、アニリン革は使えるようになっていますが、
  よりデリケート革は、見分けが難しいので、『デリケート専用クリーム』を使用した方が
  安心です。
  

≪オイル革の靴は≫
  元々が防水を重視したヘビーデューティな素材です。
  月1〜2回か、使い方ではそれ以上、ミンクオイルで油分の補給をします。
  クリーナーで汚れを落としてから、
  ミンクオイルを摺り込むようにぬり、
  翌朝に表面に残ったオイルを軽くふき取ります。
  ミンクオイルは他の革の防水にも使えます。
  
  

≪ヌメ革の靴は≫
  ヌメ専用のクリームを使います。
  *低価格品にはヌメではなく、ヌメ風のスムースもありますから、
   お店のスタッフに確認しましょう。
  
  

≪エナメルの靴は≫
  本来はフォーマル用の光沢素材です。
  エナメル専用のクリームを全体に塗りこみます。
  
  

≪メッシュの靴は≫
  小さめのブラシで、メッシュの間もブラッシングします。
  液体のクリームを使用すると目詰まりがありません。
  

≪合成皮革の靴は≫
  普段はブラッシングでOK。
  ひどい汚れは絞った雑巾でこすりとります。
  色が褪せたら靴クリームを使います。
  ※油性汚れの場合は、雑巾では取りづらいのでクリーナーを使用したほうが効果的です。
  水性汚れの場合は、ブラシで落ちます。
  

≪布のスニーカーは≫
 @中性洗剤を入れた水かお湯をバケツに入れ、浸けながらブラシで洗います。
  *汚れがひどい場合は1時間ほど浸けてから、洗います。
 Aその後よくすすぎ、陰干しをします。
  *スニーカーが沢山あって、時間が無い時は洗濯機で同じように洗います。
   乾燥機は不適です。熱風が底材や接着剤に悪影響する場合があります。
   やはり、陰干しをします。
  
  

≪革のスニーカーは≫
  レザー用のシャンプーを使います。
  洗濯機で洗うのは無理があります。
  
  

≪複数の素材が混じった靴やスニーカーは≫
  大変ですが、皮革は皮革用の手入れ、布は布用の、
  合成皮革は合成皮革の手入れをします。
  
  

≪靴クリームの種類は≫
@ペースト状の「乳化性クリーム」
  ワックス、油、水、が主成分です。
  艶だし、保革、着色とバランスの良いクリームで、一番お薦めです。

A缶に入った「固形状クリーム」
  KIWIのものが有名です。
  ワックスと油が主成分で、水は入っていません。
  防水性に優れ、汚れに強く、艶は一番良く出ます。

B簡単に手入れ出来る「液体クリーム」
  ワックスと水が主成分です。
  簡単に艶が出ますが、革に染みない皮膜を作る場合があるので、クリーナーでまずは
  汚れを落としてください。
  保革効果はあります。 
  

≪革靴のシワ取りは≫
  スムース革の場合は表面を霧吹きや濡れタオルでほんの少し湿らせてから、
  ドライヤーを軽く当てるとかなり戻ります。

  
  

≪ウイングチップなどの穴飾り部分は≫
  綿棒を使って手入れします。
  
  




合わせて知っておきたい靴のこと


靴のサイズ
換算表
   大きな靴、
小さな靴のお店
  靴ひもの結び方



  





靴に関する用語や革のお手入れ、接客、ディスプレイなど、
↓更に詳しくまとめた書籍がこちら!↓
『靴店スタッフハンドブック』



新人さんの教育本として、ご活用されています!







靴とバッグの情報満載!
「SHOE・BAG探偵局」トップページ
(ホームへ)






copyright 2011 © asiaring inc, all right reserved